Scroll

平泉の文化遺産

世界遺産「平泉」の構成資産の中には、 国宝「中尊寺金色堂」や 特別名勝「毛越寺庭園」のほか、 特別史跡「中尊寺境内」、 特別史跡「毛越寺境内附鎮守社跡」、 特別史跡「無量光院跡」等があります。 また、史跡「柳之御所・平泉遺跡群」を構成する 柳之御所遺跡、白鳥舘遺跡、長者ヶ原廃寺跡や、 史跡「達谷窟」及び重要文化的景観に選定されている 骨寺村荘園遺跡の関連遺跡も 世界遺産拡張登録を目指し、 文化庁、県、関係市町では、各種事業を推進しています。

平泉世界遺産
ガイダンスセンター

平泉世界遺産
ガイダンスセンター

令和3年11月20日(土)開館!

平泉世界遺産ガイダンスセンターは、世界遺産をはじめとする
「平泉の文化遺産」の価値を広く世界中に伝え、
人類共通の財産として後世へ継承するための拠点となる施設です。
「平泉の文化遺産」の構成資産及び関連する遺跡の周遊の出発点として、
その価値や特徴を分かりやすく紹介します。